システム情報

機能

旋回フレームシステムは 90° ずつ 4 回ウェブの方向を変えます。システムの主要な構成部は2本の方向転換するローラーのついた旋回フレームです。システムの旋回点は入口レベルの仮想点に設けられています。横方向のウェブ走行位置の修正は旋回点をもとにした旋回運動によって得られます。この方式ではウェブと位置決めローラーの間に摩擦力を得るために適切なウェブテンションが必要です。

用途

伸縮範囲の最適化により、旋回フレームは特に非常に狭いスペースでもウェブガイドに使用できます。    

アプリケーション

ウェブテンション、伸縮モジュールと必要となる補正が大きくなればなるほど、インフィード長さ、アウトフィード長さ、移送長さを長く設計しなければなりません。経験から、これらの経路はウェブ幅の60%~100%に相当するはずです。センサは位置決めローラーのできるだけすぐ後ろに位置づけることが大切です。

記号説明

A = 入口部分でのでのウェブ張力分布 | B = 出口部分でのでのウェブ張力分布 | K = ウェブガイドの補正最大±5 | σ1 = ウェブ基本張力 | σ2 = 入口部分のローラーフレームの旋回運動による張力分布 | σ3 = 出口部分のローラーフレームの旋回運動による張力分布 | 1 = 回転点 | 2 = インフィードローラー | 3 = ローラーフレーム | 4 = センサ | 5 = 固定ローラー | LÜ = 移行長さ | L1 = 入口部分長さ | L2 = 出口部分長さ | AB = 対応幅

ウェブガイドシステム 段ボール

旋回フレームシステム ELTRAC PMA51

段ボールとカバーの自動ガイドシステム

More info

システムコンポーネント

CCD カメラ OL 82

ウェブエッジのスムーズな検出、位置検知、走行調整、素材検出、幅測定にお使いいただけます。

More info

赤外線ワイドバンドセンサ FE 45

ウェブ中心とウェブ端を検出し、80 mm のチューブ間隔 (クリア幅) で幅を測定するためのデジタル赤外線ブロードバンド センサー

More info

データネットワークセンター DN 10

カスタムソフトウェア向けE+Lコンピュータは、顧客側のオペレーターハードウェアとE+Lシステムネットワークとの間のリンクとして機能します。

More info

連絡先

私たちに手紙を書いてください メッセージをお待ちしております

性別
*Required field