システム情報

機能

ターニングバーシステム ELTURNER によるウェブガイドは、次のような原則を基本としています: ウェブの縦軸と横軸に対し 45° の角度でバーが組み込まれており、これにウェブが 180° 巻き付きます。これにより、ウェブがまず 90°、方向を変更をするという効果が発生します。ウェブの流れを同時に修正するには、ターニングバーを動作信号に応じて入口レベルに平行に差し込み、流れ出るウェブを横方向に移動します。

用途

ウェブの向きを逆にし、後続のプロセスへ高い精度で供給する必要がある場合には、ターニングバーと組み合わせた旋回フレームシステムが優先的に用いられます。

アプリケーション

ウェブテンション、伸縮モジュールと必要となる補正が大きくなればなるほど、インフィード長さ、アウトフィード長さ、移送長さを長く設計しなければなりません。経験から、これらはウェブの幅の 60%~100% の長さであることがわかっています。センサは位置決めローラーのできるだけすぐ後ろに位置づけることが大切です。

記号説明

A = 入口部分でのでのウェブ張力分布 | B = 出口部分でのでのウェブ張力分布 | K = ウェブガイドの補正 | a = 補正角度最大±5° | σ1 = ウェブ基本張力 | σ2 = 左への位置決め動作時の張力分布 | σ3 = 右への位置決め動作時の旋回運動による張力分布 | 1 = 位置決めフレーム | 2 = インフィードローラー | 3 = ターニングバー | 4 = センサ | 5 = 固定ローラー | 6 = 回転点 | LÜ = 移行長さ | L1 = 入口部分長さ | L2 = 出口部分長さ | AB = 対応幅

ウェブガイドシステム

十字ターニング ELTURNER VWB33/73を備えた旋回フレームシステム

ターニングクロス、摩耗のないブラシレス駆動技術と空気圧式排気装置を備えたコンパクトな旋回フレームシステム

More info

システムコンポーネント

More info

赤外線ワイドバンドセンサ PoE FR 61

160 mm、320 mm、または 480 mm の広い測定範囲を持つ赤外線ワイドバンドセンサ

More info

More info

ブルーライトワイドバンドセンサ PoE FR 65

160 / 320 および 480 mm と測定範囲の広いブルーライト透過光センサ

More info

赤外線エッジセンサ PoE FR 54

再帰反射式赤外線エッジセンサ、±10 mmの測定範囲と0.02 mmの解像度

More info

操作パネル DO 42

最大255のウェブガイドループのマルチ操作によるウェブガイドシステムの可視化と操作

More info

データネットワークセンター DN 40

制御システム内のすべてのコンポーネントを中央に接続するためのデータネットワークセンター

More info

サポートビーム VS 80

超音波、赤外線、カラーラインセンサ用の電動リニアセンサ位置設定

More info

連絡先

私たちに手紙を書いてください メッセージをお待ちしております

性別
*Required field