スチールコード切断ラインに関する情報

スチールコード切断ラインでは、カレンダーで製造された材料が定義された角度で切断され、再組み立てられ、完成したタイヤの安定性を最大限に高めます。当社は、ウェブを所定の位置に保持し、他の材料をラミネートするためのすべてのコンポーネント、および、幅またはスプライスを監視するための測定システムを提供します。このようにして、最高の品質基準が満たされています。

スチールコード切断ライン向けシステムと製品

巻出・巻取台車制御システム WSB91/93

作動力1000または3000 Nに対応する、摩耗の発生しないブラシレス駆動技術を備えた巻出・巻取台車のための制御システム

More info

More info

旋回フレームシステム ELGUIDER ローラーバスケット付き DRB73

スチールコード切断システムのループからスチールコードを調整するためのローラーバスケット付きフレーム設計の旋回フレームシステム

More info

ラミネートステーション Complexer

ラバーストリップを正確にラミネートするラミネートステーション

More info

CCD カメラ OL 82

ウェブエッジのスムーズな検出、位置検知、走行調整、素材検出、幅測定にお使いいただけます。

More info

CCD カメラ OL 91

カメラ内の完全な画像処理を含む、走行中のウェブを制御するためのさまざまな条件を特定

More info

連絡先

私たちに手紙を書いてください メッセージをお待ちしております

性別
*Required field